防災シェルター「ノア」 伊豆・下田の不動産情報「新宝エステート株式会社」 豆・下田の不動産情報「新宝エステート株式会社」

伊豆・下田の不動産情報 新宝エステート株式会社
地震と津波から守る確かなシェルターをお探しですか?
設置場所を選ばず、家屋倒壊と津波から身を守る「シェルター」が手に入ります。
シェルターと言えば、「大掛かりな工事が必要なシェルター」か「メンテナンスが必要な鋼鉄製のシェルターしかない」とお嘆きのあなたにお知らせです。
地震直後は、様々な状況があり、避難訓練をしていた東北地方の方々でさえ、対応が難しかったことが明確になりました。
グラグラっと来て、冷静ではいられない状況の中での判断に生命をゆだねるのではなく、パニック状態でも安全を手に入れるには、自宅に安全地帯があることです。
これらを踏まえ、充分に対策を練られた、【高い耐衝撃性】と長期間、メンテナンスがほとんど掛からず強度を維持できる【耐久性】そして、津波被害から守る【水に浮くシェルター】をあなたの自宅へお届けします。
地震対策を練るにあたり、あなたはこのような事を感じていませんか?
「耐震対策だけでは不十分。津波からは身を守れない」
「大掛かりな核シェルターでは費用が掛かり過ぎる」
「安物を買っても強度が心配」
「移設が出来ないから、引っ越しが出来ない」
そして、一番の問題は、地震はいつ起こるか分からないところです。明日かもしれませんし、30年後かもしれません。それは、安全を手に入れる為のシェルターにとっては最重要な問題といえます。
なぜなら、5年以内なら強度は保てるが、それ以上、年数が経つと、強度が保てないのでは、お話にならないからです。
これはほとんどの人は意識していない腐食のお話です。
一般的に私たちが考える強い素材。それは鉄です。
鉄は安価なので、自動車や建物によく利用されますが、反面、錆びが発生してしまいます。そのため、腐食を防ぐ方法を様々な会社で考案されています。
その代表的な方法が、塗料を塗ることです。コストが安く、錆を防ぐ方法として多大なメリットがある反面、定期的に塗り替えを行わなければなりません。
東京タワーも5年に1度は塗り替えを行っています。つまり、建物の強度維持には定期的なメンテナンスが必要不可欠な事なのです。
特に、津波被害が出る地域である海岸部にお住まいの方です。
海に近ければ近いほど塩害が激しく、錆の進行が早いのです。
つまり、津波被害が最も激しい海沿いでは、錆の進行が早く、より多くのメンテナンスを行わなければ、錆が進行し、強度を保つ事ができません。命を守るシェルターが地震の時に役に立たなければ、意味を成しません。
こうした、海岸沿いの厳しい環境でも錆びずに、耐久性を維持できる素材があるのをご存じでしたか?
100年経っても、強度を維持できる素材
その素材とは、ずばり、FRP樹脂(繊維強化プラスチック)です。
ヨットやサーフボードにも使用されています。つまり、海に年中浸っているような過酷すぎる環境でも、腐食せず、耐衝撃性もある素材です。
しかし、それだけでは、安全を守れるシェルターの素材としては不十分です。
サーフボードも衝撃で折れてしまうこともありますよね?
例えば、家屋倒壊はもちろん津波に流されて、電柱や車に当たったとき、引っかからずに、そして強い衝撃に耐えられる物でなくてはなりません。
耐久性を持つ素材をこだわりの形で作る
強い形状とはどんな形状だと思いますか?三角?四角?それとも六角形?
災害の様々なシーンでも強さを引き出す形状は、複雑な形ではありません。
です。
形状に平面の部分があると、そこに力が掛かった場合、変形しますし、割れたり、穴が開いたりと、衝撃が逃げずにもろに受けてしまう構造です。
ところが、丸ならば、どの部分でも同じ条件になりますよね?
自動販売機で売っている缶コーヒーや、ガチャガチャなどの形状も圧倒的に丸が多いですよね?(缶コーヒーは厳密に言うと円筒ですがね・・・)
単純に、丸は強度や耐衝撃性が一番強い形状だからです。
地震災害では、予測出来ないことが起こりえます。一時的に災害は凌げるだけでは意味を成しません。
例えば、家屋が倒壊したあと、余震で横揺れが発生する可能性もありますし、
そのあとに、津波に来て、流された車や家屋に何度もぶつかる可能性も考えられます。
そうした二次災害なども踏まえてこの形状が最も優れているのです。
今までのシェルターとは異なる点・・・
今までのシェルターでは大掛かりな工事が必要で導入には費用が掛かります。
そうした場合、突然、会社の方から転勤命令が出た場合や第二の人生の計画を立てる際に、せっかくの費用をだして、地下シェルターなどを導入していたら、すべて一からやり直し。水の泡です。
あなたの人生計画に負担が掛かるようでは、命を守ることを優先させるか?人生を楽しく生きるのか?の2択になってしまいます。
あなたの人生計画の負担にならない
長期的に使用しても確かなものであるためには、性能、安全性、耐久性はもちろんのこと、あなたの人生計画に対応出来る事ではないでしょうか?
地下シェルターはもちろん移設不可能。
そして、鋼鉄製のシェルターでは、重量がありすぎて、重機など大掛かりなクレーンが必要になりますし、車で運ぶのも大掛かりなトラックが必要になります。
ところが、繊維強化プラスチックのFRPの素材でしたら、軽いのが特徴です。
サーフボードもあの大きさの割には軽々持てる重さです。鉄ではとても持てないような大きさでも、FRPなら簡単に持ち上げられます。
軽ければ、大規模なクレーンが必要ありませんし、移動の際も、軽トラックで運べるなど、移動コストが大幅に下がります。
あなたの人生計画の足かせとなるのではなく、安全を手に入れながら、人生計画を立てられます。
長年の研究が培われたシェルター
このサイトで提供するシェルターは、 、 長い年月を通じて培ってきた大学教授の研究技術の協力の元でテストし作られたものです。
他では手に入らない"災害から守るシェルター"をお届けします。
FRP製 のシェルターは次のような方々にぜひお勧めします。
年配のご両親の防災対策を練っている方
地震と津波の両方対策を練りたい方
子供をどうやって災害か守るのか考えている方
余震で夜も眠れない方
「あのとき、準備していれば・・・」と後悔したくない方
今までお伝えしたきた問題点を全て解決したシェルターをあなたの自宅へお届けします。
〒415-0035
下田市東本郷1丁目7番25号
新宝エステート株式会社
Tel.0558-23-2515 Fax.0558-23-2519
HOME家庭向けシェルターシェルター一覧ご利用案内不動産のページ会社概要
Copyright © Shinpo Estate Co.,Ltd. All Rights Reserved.